2019/11/13 22:58

【今までなかった、展示、受注会に挑戦】

工芸職人さんのものづくりの技術と建築家のアイデアによって生まれた住まいの道具の良さを身近にに感じてもらい『住まいをもっと豊かに』することを少しづつですが実現していきたい。そんな思いから始まった、”住まいの道具展”。

”住まいの道具展”は、プロダクトの展示だけではなく、実際に家具やインテリア、表札やポストなど、住まいの道具の相談をお受けします。作りたいものがあるけど、どこに相談したらいいかお困りの方など、絶好の機会です。建築家、空間コーディネーター、工芸職人に直接相談できるのは”住まいの道具展”だけです。


大量生産品でできた住まいではなく、一つづつ丁寧に作られたものを取り入れることで、住まいは格段に良くなります。
毎日触れるところや目にするところを、木、鉄、真鍮、陶器など本物の素材を使う住まい。すむほどに愛着が湧き、手入れするほどに、時の経過を含んだ素材は美しくなるものです。


最終目的は、『日本中の住まいを豊かにする』ことですが、まずは愛媛で地元の職人の技術でできたものを住まいに取り入れてみませんか?技術も地産地消!その上で全国に広まって行くことが必要です。

”住まいの道具展”では、同じ思いでものづくりができる、同志を募集しています。設計事務所、工務店、建築を学ぶ学生など、垣根を超えて、『日本の住まいを豊かにする』ネットワークを作りたいと考えています。ぜひ、ご参加ください。


本日から、クラウドファンディングにも挑戦しています。
https://camp-fire.jp/projects/view/208097

みなさんのご支援が、住まいの道具展の発展にも繋がります。
ご支援宜しくお願いします。



PICK UP